佐渡暇人放送のきまぐれBLOGです。
「政治経済から性事経済まで」を放送致します。

    流石に、これはアカウントを別けないとまずい状況になってしまった。orz


    それでも、中身は充実したサイトです。

    以上、変態だけど真摯だ!!@佐渡暇人放送でした。
     

    佐渡暇人放送もお陰さまで4年以上運用しております。
    フォロワーさんも2000人を超えて、自動リツイートと実況ツイートを
    同一のアカウントで行うには、返信する上で限界を感じました。
    よって本日より、自動リツイートアカウントを別に用意し運用開始致しました。


    また、私のツイートを読んでいただいている女性フォロワーさんからの要望があり、
    アダルトカテゴリーのBLOGでは、内容が、いくらまともな政治記事であっても、
    アダルト広告が気になり、女性としてはブックマーク登録したり、記事引用を
    するには抵抗があるとのことで、アダルトBLOGと完全に分離することにしました。
    アダルトアフィリを必死に稼いでるわけではありませんので問題ありません。
    これは、どれだけアフィリが稼げないか?の実験と趣味で運用したまでです。
    尚、アダルトカテゴリーのBLOGは、過去ログとしてそのまま残しますので
    引き続きアダルト情報を検索される方はご活用ください。
    ■移行先
    佐渡暇人放送BLOG

    以上、最近素直に人のいう事を聞こうかと@佐渡暇人放送でした。

    私は、日々ツイッターを中心にインターネットを楽しんでいる。
    ツイッターのタイムラインを読んで、こちらからメンションを送り
    会話に参加する事もあれば、送ってきていただいて会話をする事が日常化している。

    付き合い方、接し方、発言の仕方も相手によって当然変わってくるし、
    ある程度長くやりとりしてれば、言葉も砕けてくるが、双方納得の上で楽しんでいる。
    ただ、初めての人に関しては、それなりに自分自身も言葉遣いに配慮はしている。

    それでも、どんなに丁寧に伝えても、それが素直に通じる人と通じない人が居る。
    私の説明は完璧だとは決して言わないから、相手が解釈したとこは一応は受け止める。

    しかし、相手が心の病にかかってるネットユーザーと知らないで接してた場合は、
    どんなに言葉に配慮していても、相手に責められたと解釈されてしまう場合すらある。

    送られてきた返事に、自分なりに、冷静に対応しても、冷静に対応すればするほど相手を
    追い詰めてしまう結果になってしまうケースも多々あります。

    正直、心の病の場合は、色んなパターンの病気があるから、私は医師ではないので判断がつかない。
    タイムラインで、あまり噛み合わない内容で、ガチャガチャやっててもどうしようもないので、
    場合によっては、相互フォローになってる相手であればDMでやりとりに切り替える事もある。
    これは、自分なりのせめてもの相手への配慮だとしても、相手にしてみればDMで攻撃されたと解釈する。

    試行錯誤してる時に、話が噛み合わない当事者から指摘されました。

    「私のプロフィールやツイートをちゃんと、読んでくれれば誤読するようなことはありません。」と。

    世間一般の常識からすれば、利己主義なとんでもない話です。

    しかし、何度も何度も読み返している内に、びっちり連記されてる文字の配列の中で
    病名を見つけることができました。 

    その病名を調べました所、コミュニケーション障害ということが判明しました。
    横文字で専門用語を書かれていても、正直医療従事者ではないのでわかりません。

    ちゃんと、分かっていれば理解できる方ではないと判断して、私も、どうやったら理解できるか?
    試行錯誤して返事することもありませんでした。

    もう、話が噛み合わなかったら、この方は心の病ではないか?と思って、
    より以上に議論しようと考えないほうが良いのかもしれませんね。

    結局、冷静に整理して話せば話すほど、相手はパニックになり、追い詰められたと恐怖を感じる。
    こういう発言は、また差別と言われるかも知れませんが・・・

    相手が心の病では噛み合わなくて当然です。
    正常じゃないので、私達の物差しが当てはまる訳がないのです。

    もう、ネットでどんなに腹が立っても、常識に反する発言の相手には、
    「この人は、精神病なんだ異常だから仕方ない、病気と闘ってるんだ」と。
    自分に言い聞かせるしかないと思いました。

    実際に、人を殺しても精神鑑定で異常と認められれば無罪になる世の中です。
    ネット上のバトルで腹が立っても、めったに命までは取られません。

    今回、たまたま自らプロフィールの中に病名を記載してくれていたから、分かりましたが・・・
    態々、記載する人は少ないと思いますので、今一度、ネットに出てくる人たちは心の病の方が
    居る事を前提で考え直さなければならないのかもしれませんね。

    もう、ツイッター中に、意味がわからないことを聞き直すのは止めます。
    普段から、やりとりしてて自分が知識不足で分からない時は聞きなおすことはあっても、
    どんなに、相手が問題提起してハッシュタグ使ってツイートしていても、気軽にメンションを
    送る事をせずに、相手のプロフィールやタイムラインの日々のツイートを読んでから
    メンション送るようにしなければならないと実感致しました。
    気軽にネットができる時代になった故の事故だと思いました。

    心の病に掛かってる人の行動は、なかなか予測つかないけれど・・・
    それでもリスク管理は自己責任でしなければいけませんので・・・
    全て自分が起した行動の結果ですから、全て受け止めるしかありません。
    (内1名プロフに病名を書いてあっただけ親切だと思いました。)

    極論ですが・・・
    人を見たら、泥棒と思えじゃないけれど・・・
    話が噛み合わなかったら、この人は頭がおかしいと思うしかありませんね。

    そこまで、しっかり意識しないとネット上のトラブルが後を絶たないと実感しました。

    ここ数ヶ月、噛み合わない不毛な議論がツイッター上で繰り広げられましたが・・・
    心の病と、ご本人は闘っているので、正直健常者の我々の人権が侵害されますが、
    ここは、健常者である我々が清濁の見込む度量を見せるしかありませんね。

    よって、今後は噛み合わないと思った時点で、病気かもしれないから、こちらから、
    「ご理解いただけないようなので、失礼します。お大事に」と終止符を打つ事にしました。

    このことを考えると、安倍総理を批判ありきで行動してる人たちは全員精神病ではないかと
    結論を出せば、不毛な議論を繰り返す必要はないのではないか?と。

    つまり、国会議員からして、精神病の人が多いから、選挙制度も見直したほうがよいのかも?
    これは、誹謗中傷ではなく、真面目に現実を見つめて考えた見解です。

    差別ガー!!人権ガー!!だけで、済ませられない国家存亡の危機ではないでしょうか?

    今日は、心の病の人の御蔭で、大変勉強になりました。

    以上、今一度運用形態を見直し中@佐渡暇人放送でした。

    このページのトップヘ

    アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム アダルト動画 DUGA -デュガ-