昨日のBLOGの続報です。
#バカッター坂本事件 #新潟日報 #新潟日報モア #新潟日報社 は #坂本秀樹 に対して、一両日中にも社としての対応を決定し公表とのことだが・・・

しかし!新潟日報WEB版の、新潟日報モアでは報じず!!

自社の処分は自社が先に報じるべきにも関わらず

新潟県内で購読者の非常に少ない他社の記事にしかなっていないのである!!

ツイッターの情報の方が、正確で早い!!
今朝届いたメンションで無期休職と知りました。
新潟県民以外の人の方が情報が早いなんて・・・
県民の知る権利が完全に蔑ろにされていますね!!
ヽ(`Д´)ノウワァァァン!! 

新潟県の独占地方紙ということで、
ライフラインとも言える報道機関の
殿様商売の典型的な例であると私は思いますね。www


ますます、ネットを見れる人々の新潟日報離れが増えるでしょう。
それも、因果応報!!自業自得ってもんです!!
と言っても・・・まあ、こんなもんでしょ?www
沖縄みたいに、偏向報道ヤメロー!!
デモが起きないだけ平和だと思って頂きたいものです。www
起きちゃったりして?アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!


↓以下、TLでのやりとり↓




会社ぐるみで本人を擁護していると思われても致し方ない!!
子を見れば親が分かるというように、この程度会社だと言えるであろう。
就業規則の罰則規程に、コンプライアンス違反は会社に不利益な行動をし場合は
懲戒解雇にすると明記してないのだろうか?
しかし、社会通念上、世間一般の常識とモラルの認識がある会社であれば・・・
懲戒解雇は、前科になるから温情による取り計らいで100歩譲って諭旨解雇であろう。
しかし、ここまで騒動を起こしていれば、依願退職をするのが人間としての道徳心でしょう。

就業規則に則った処分ですから、当然に当該処分は合法!!
しかし、報道機関としての信頼・新聞記者としての信頼を失った事は事実です。
当の本人は「アベはヤメロー」発言をしているにも関わらず自分は辞めない!!
こんな矛盾した見合な話が人間として許されてよいのでしょうか?

本来、民法の使用者責任が問われるはずなんですけどね?www
実際、民法の使用者責任の準用をさせられた刑事事件の判例もありますからね。

ところが、勤務時間外に酒を飲んで暴言ツイートしたと新潟日報社が発表した案件にもかかわらず、
高島章先生に対しての誹謗中傷を会社の上司が一緒に謝罪訪問しているのです!!

つまり、これは新潟日報社として、使用者責任を認めたという形になるのではないだろうか?
今回は、高島章先生は社会的地位もある人格者ですから、謝罪を受け入れて、
矛を収めてくれたから、訴訟にまでは発展しなかったものの・・・
これだけ、あちこちで毒を吐きまくりでは、あちこちで訴訟起こされかねませんよね!?

※訴訟に発展しかねない内容は下記のリンク先をご参照ください。

でも、無期休職なら、裁判所にも出廷しやすいか?www
時間はいっぱいあるんだからwww


けど、新潟日報社も自社の記事にしないところを見れば・・・
ま、こんなもんでしょ?www

とっとと解雇してればよかったものの・・・


新潟日報の社員のまんまにしてるって言う事は・・・
今後、訴訟が起こされてた場合の被告の職業が新潟日報の社員って事になる。

時既に遅し・・・
弁護士の
高島章先生に対して、事実上使用者責任を認めて謝罪訪問している事から
他の訴訟案件にも認めざるを得なくなると解されるのが妥当ではないでしょうか?
被告が坂本秀樹氏のみではなく新潟日報もなる可能性だって無いとは言えないと思います。
こっちは、使用者責任認めてこっちは認めないのか?って話に、
私が被害者として提訴するなら、そこまでやりますね。www

この場合、使用者責任も含めて訴訟起こせるのか?
被害者の1人でもある、高島章先生の見解を伺いたいものです。www
しかし、法律相談は当然のことながら有料になってしまいますので、
無料で伺うのも、申し訳ないですね。www
BLOG書いたことだけ事後報告しておこう。www

以上、新潟日報の馬鹿さ加減にふるえる@佐渡暇人放送でした。