今日は、全国各地で戦争法案反対デモが行われていたようですが・・・

上越タウンジャーナル取材の記事を見ての率直な感想です。

弁護士が最高裁判決否定しちゃって

「安倍政権は憲法の手続きなど関係なく戦争法案を成立させようとしている。安倍政権を許さない。」

なんて嘘言っちゃまずいでしょ?www



7月29日に、この法案の閣議決定の違憲訴訟は最高裁第二法定で棄却されてるんですよ!!


【証拠は下記の通り】

【号外】 #集団的自衛権 #最高裁判決 事実上 #合憲 反対野党とデモ関係者はどう責任をとるのか? 【安保法案】 

※引用元は時事通信社のニュースですから、私の勝手な妄想ではありません!!

私も、あまりにも地元メディアが報じないので、国民は知る権利があるのに・・・
本当のことを知らないなんて、まさに国民主権を無視された形で立憲主義に反するとの思い出、
いてもたっても居られず、上越タウンジャーナル社のツイッターに下記の通りコメントをした次第です。



閣議決定して法案提出して衆議院参議院両院で採決されて法律になるんですよ!!

つまり、最高裁判決を不服なのは個人的感情であるにせよ、最高裁判決を否定してしまったら

三権分立を否定するから、それこそ憲法違反ではないでしょうか?

司法試験合格してる弁護士が言ってるから間違いないという思い込みは恐ろしい!!

司法試験に合格していても、弁護士は裁判官ではないから、裁判する司法権はないのですから!!

上越タウンジャーナル社は、主催者発表の内容をそのまま記事にして、社説は一切述べていませんので

事実を、そのまま報道してたようですが・・・

報道機関であれば、報道各社の情報を知らないはずはないと思うんです。

地元のメディアだから地元ニュースのみを扱うのはわかるのですが・・・

上越=反政府集団というイメージがついてしまいますよ!!

人口と比較すれば分かるように、700人の行動が上越の全民意ではありませんから!!

これは、上越タウンジャーナルだけではなく、日本のマスコミ全体に言える事です。

賛成派の意見を取り上げてるのは、産経新聞・TV東京くらいしかありません。


ただ、上越タウンジャーナル社は偏向報道・印象操作しない面は素晴らしいと思います。

自衛隊の活動記事も、ちゃんと報じていますから、上越タウンジャーナルが地方紙の

役割を果たしてくれたら、どんなによいことだろうか?と私は思っております。


以上、佐渡暇人放送でした。