先日、あれだけ国会で安倍政権の暴挙だ!!
憲法破壊だ!!戦争立法だ!!戦争法案だ!!とか?
集団的自衛権は要らない!!半島有事の際は日本人を引き上げるとか?
国民に正しく安保法制について説明しろとか?
日本共産党の志位党首や民主党の岡田党首や維新の党の松野党首
などが断言していましたけど? 

↓関連ソース↓
【党首討論・日本共産党志井和夫党首】安保法制は憲法って破壊って・・・それ、オタクらの理論が破壊されてるんですケド?www

【党首討論・民主党 岡田克也党首】「集団的自衛権は要りません」って言っちゃたwww 半島有事の際はって・・・朝鮮戦争起きるの?え?www 

【党首討論・維新の党 松野頼久党首】国民分かるように説明しろ。=防衛に関する手の内を明かせってか?ヲイ!www


こういう意見が出てくると・・・
今までの発言間違いってことになりますよね?www 

国会議員が国民主権の民主主義に反して嘘言っちゃいけませんよ!!
これは、国民の真実を知る権利が侵されてるってことになりますよ!!先生!!
今、国会議員として活動できてるのは、有権者の票があったからでしょ?

反対ありきで、安倍政権を批判して世論誘導して誘導された世論調査を数字にして
国会で政党の主張をするのは正当ではありませんよ!

合憲という解釈も違憲という解釈もどちらも今の段階では間違いじゃないのです!!

何故ならば・・・最高裁判所が違憲と判断してないのですから!!

正しくは、過去の判例から違憲と判断すらできなかたのですから!!


↓↓根拠はこちら↓↓

最高裁は統治行為論を元に違憲とは言えないと棄却してるのです。
先日、自民党の高村副総裁の発言にあった判例の「砂川事件
他に「警察予備隊違憲訴訟」などがあります。


「嘘も100回言えば本当になる」の論法で
憲法学者が言うから間違いない。と国民に刷り込ませてるだけ
のことでしかないと言う事になります!!

事実だけはっきり申し上げると・・・

「安保法制!憲法9条!集団的自衛権は違憲だ!!」

この発言は「違憲」ではなく「意見」でしかないと言う事です。


反対するなら反対で構いませんが・・・
国会議員の三分の二以上の賛成があれば法案成立します。

いくら、国民にPRしたところで国政に国民の直接請求権はありません。
ただのパフォーマンスでしかないという悲しい結果でしかないのです。


だから、今回の安保法制案が閣議決定されて国会に提出されたことは、賛否は別として


日本国憲法・国会法に則った正式な手続きでなのです。


決して、安倍政権の暴走ではありません。

暴走してるのは、むしろ日本共産党・民主党・維新の党などの
野党側です!!



つまり・・・
日本共産党と関わりのある憲法9条の会・民主党との関わりのある労働組合員・維新の党が言っている、安保法制がよくわからない国民の皆さんは、違憲解釈しか存在しないしないと。
間違った知識を入れられたた被害者達なのです!!



今からでも遅くありません!!
↓安保法制が必要な理由↓
安保法制は必要と憲法9条1項についての元PKO武装解除人の見解で改めて実感。
どうか、国民の皆さん!!
これを機に!!
正しい情報を知ってください!! 決して日本が戦争に巻き込まれるための法案ではありません!!


ニュースを思い出して比べてみてください。

派遣労働・安保法制は騒がれても、18歳以上の参政権の法案は大騒ぎされずに決まっている。

すなわち、国民は反対議員が製作したドラマを見せられてるっていう事になります


いかに、メディアに国民が踊らされているか?ということになります。

特にNHK!!受信料返せ!!って話になります!!公平な報道が全くなされていないのです!!

※あくまでも、佐渡暇人放送としての見解であることを最後に重ねて申し上げます。

おしまい。