今日の朝刊、社会面(29)に報じられていたニュース。
(WEB版には記載が無く、著作権の関係で内容はスキャン貼付しておりません)
記事には、こう書いてある。

「断固許されぬ」県平和運動センター
自民党若手議員の勉強会で報道機関に圧力をかける発言があったことを受け、
県平和運動センターは29日、「権力に対し自由にもの申し、報道できることが民主主義の根幹」として、
発言に抗議する声明を発表した。

声明文では「政府にとって都合が悪い事実を報道しないよう、与党議員が言論機関に圧力をかけることは断固として許されない」と批判した。

勉強会の講師を務めた作家の百田尚樹氏が「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない」と発言したことについて、声明文では「沖縄の真実を伝える地元紙を侮辱する発言であり、断固許せない」と
非難した


新潟県平和運動センターが百田尚樹氏を招いての自民党勉強会に抗議らしいが・・・
新潟県平和運動センターの中身って、モロ左翼やん。www
平和を訴える運動?が、たかだか自民党若手議員の勉強会で民間人の百田尚樹氏が
発言したことを暴言だと問題視するのって、論点が違いすぎるだろ!!
声明文の与党議員が言論機関に圧力についてだが・・
圧力別に現時点でかけてないやんwww
しかも、沖縄問題は百田氏の指摘の新聞社以外の地元の声もネットで上がっているし
証拠の画像や動画もアップされている。
新潟県平和運動センターはネット見てないのかよ?www
新聞鵜呑みにした典型だよな?www

百田尚樹氏を招いての自民党勉強会の報道を受けての断固抗議?

抗議する前に、事実確認しないと
新潟県平和運動センター
の皆さん、恥かきますよ!!

それとも、わかっててやってるの?
どっちなの?www

つうか、沖縄問題は外野は下手に首突っ込まないほうがいいんじゃないですか?www

騒ぐ前に、事実をきちんと検証しましょう。


しかし、新潟日報は報道していないがために、
くの新潟県民は知らないから無理も無い・・・。


↓新潟日報が報じない真実↓



【国壊議員】西村智奈美(新潟一区・民主党・衆議院議員)は辞職せよ!!これは国の安全保障をも揺るがす許されざる暴挙だ!!

#新潟日報 は #西村智奈美 #新潟1区 #民主党 #衆議院議員 の暴動関与事件や、地元議員の活動を何故報じないのだろうか?

しかも、最近の渡辺委員長を怪我させた事件ですよ!!

それに対して、党首討論にて民主党岡田党首は暴力肯定だもの・・・

【党首討論・民主党 岡田克也党首】「集団的自衛権は要りません」って言っちゃたwww 半島有事の際はって・・・朝鮮戦争起きるの?え?www 

百田尚樹氏を招いての勉強会のスキャンダルで
自民党は木原稔青年局長更迭などの処分を行ったが・・・
渡辺委員長への暴行事件については、
民主党は誰一人として処分されてない。
このことには、何故抗議しないのか?
西村智奈美のメモが発端と知らない分にも、暴行事件は
全国ニュースで報じられていたのに、何故抗議しない?
今回の自民党勉強会の件も全国ニュースなのに矛盾を感じる。

それは、それとして100歩譲って
今回、報道への弾圧を主張するのであれば、
民主党政権の頃の暴言も知るべきだ!!


↓マスコミが現在報じない真実↓

◆民主党政権時には、民間人ではなくて大臣が
「電波止めるぞ」発言をしている。
これを棚に上げて、よく言えたもんだ!!
聞いてあきれるわ!!


「電波止めるぞ!」 民主党幹部が目の敵にする表現の自由


連日、作家の百田尚樹氏を招いての自民党勉強会を盗み聞きしたネタが
大騒ぎされて、一民間人の作家である氏の発言が自民党の発言かのように一方的に報じられてるけど?
夕刊フジは、こう報じている。

百田尚樹氏「発言」の真意 報じられた言葉と報じられなかった言葉 (1/2ページ)


もはや、マスコミは、この勉強会の全貌はどうでもよくて、ただ揚げ足とって
お祭り騒ぎしているだけ!!

夕刊フジみたいに、公平な報道がされていないので、百田氏の発言は言論規制ではない!!

勝手に、言論統制とか騒いでいるけど、多くの報道機関は偏向報道して報道の自由を主張!!

そこまで非難するのであれば。百田氏を国会招致して真偽を確認すればよい話だ!!

このように、真実が報じられないままマスコミにとって
目の上のタンコブである百田尚樹氏叩きが繰り広げられている!!
国民は、本当のことを知らずに、嘘を信じて左翼化する!!
マスコミの暴挙である!!



鬼の首でも取ったかのような大騒ぎだが・・・そうは問屋が卸さない!!

それでも、
新潟県平和運動センターは、
自民党だけに断固抗議しますか?
 
私の主張が「正しい」と思われる方は、
このBLOG記事を引用して御自身のBLOGやtwitterなどでの情報発信にご活用ください。

(C)佐渡暇人放送